【音声】コロナが不安な方へ。どんな時もYOGAをしていれば大丈夫

私の身の回りの人達で、コロナ禍で肉体的・精神的に恐怖や疑いと共に毎日過ごしている方が増えています。もし、普段ヨーガを実践しているのに、不安や疑いや不満などなどネガティブな状態が増しているのならば、自分自身を観て磨いていく良い機会だと思います

正直、(生き方としての)ヨーガをしていれば大きく慌てたり悲観的になることはないです。(だからまだヨーガをしていない人はこの機会に始めてほしい!)

でも、恐怖や疑いや不満などが尽きない場合は

自己観察をしているようでエゴから観ているかもしれない、無意識の時間が長いかもしれない、ヨーガの教えが自己流かもしれないから振り返ってみてください

(さらに…)

続きを読む 【音声】コロナが不安な方へ。どんな時もYOGAをしていれば大丈夫

【音声】YOGAの教えが分かるようになるには/知識欲に注意

ヨーガを学ぶ時に気をつけないといけないこと。知りたいという欲望は霊性の向上に役に立ちますが、欲望は欲望なので気をつけないとヨーガの目的(幸せに生きること)から外れてしまうので注意。失敗談からシェアします

音声ブログも話すことに慣れてきたり、編集の際にこれまでの音質の数値?よりも更に質を落としても意外と平気だったので、データを分割せずに1つの音声で済むようになって時間短縮になっているし

書く方と上手く使い分けも出来て、その分いろいろ発信したり他のヨーガの種まきの作業も出来るようになって充実してます

(さらに…)

続きを読む 【音声】YOGAの教えが分かるようになるには/知識欲に注意

【音声】怪我する痛みと大丈夫な痛み。アーサナを上手に取るコツ

このブログや動画、そしてクラスでも何度も何度も触れている話題です

アーサナ中に痛みを感じた時に、排除や防御や抵抗しようと、体を力ませたり、呼吸を止めたり、「嫌だなー!辛いな!!」というマインドに支配されてしまったり…。でも、痛みってそもそも悪いものなのだろうか?

アーサナ中に起こる痛みは2種類あって、身体を害するものとそうでないものがあります

どちらの痛みであっても、痛みという恐怖から逃れないこと。身体を害する痛みはない方が良いけれど、もしそのような痛みを体験した場合でも、自分を善きものに変えていく学びはあるし

(さらに…)

続きを読む 【音声】怪我する痛みと大丈夫な痛み。アーサナを上手に取るコツ

心身を安定させるヨーガの体の使い方

アーサナを取っている時は、形を真似するだけではなく、一回形を作ったらそのままで通すのではなく、体感を観察しながら体の角度や位置を微調整していくと良いです。というか、そうしてください

最近よく使っている例えが、砂とか土とかに線を引いて、そこに水を流すとその溝通りに水は流れていくように、私達の体も位置や角度によって、エネルギーの流れも変わります

体が適切な角度、位置にあれば生命エネルギーは適切に通り、広がりや安定感が感じられます

一方で、体の位置や角度に不自然さがあれば、エネルギーの通りが妨げられて、不快感や痛みや緊張や不安定さが感じられるはずです

(さらに…)

続きを読む 心身を安定させるヨーガの体の使い方

【音声】周りの目が気になる人へ。評価は自分そのものではない

特に失敗が怖くて消極的な人、自分に自信がない人、周りの目が気になる人、あがり症の人などに向けて。そういう質のない人も、自分が日常の中で内観してどのようにエゴが出てきて、思考や行動を取っているのかに気づいてください

【#5】評価は自分そのものではない

・日常で内観し自分のエゴの傾向、思い癖に気づく

・サンスカーラ、エゴについて

・他人軸で生きている限り苦しい。自立するのがヨーガ

・それらを強めない実践方法

(さらに…)

続きを読む 【音声】周りの目が気になる人へ。評価は自分そのものではない