YOGAでは「出す」ことが大事

あけましておめでとうございます

年末に風邪を引いてしまい、一番ひどい時は喉の痛みや胃もたれ、頭痛、鼻水が主に出ていました。こんな時期なので一応記載しておきますが熱や倦怠感、息苦しさや咳はないです(咳は乾燥していると出ちゃうけど)

風邪の引き始めとかなんか体調おかしいなという時こそ鼻うがいがおすすめです。今回は不調が始まった時に頭痛があったから横になって休んでいたので出来なかったけど(鼻うがい後に水抜きをするが、それでも鼻腔に残った水が姿勢を横にすることで頭の方に回って病になることがあるため)

横になることがなければ、悪化する前に鼻うがいで鼻腔を洗浄するだけでも鼻の通りが良くなるし、汚れが取れて回復も早いです(私の場合)。数日経ってからでも鼻うがい出来るならすると、調子が良くなってきますよ

(さらに…)

続きを読む YOGAでは「出す」ことが大事

心身を安定させるヨーガの体の使い方

アーサナを取っている時は、形を真似するだけではなく、一回形を作ったらそのままで通すのではなく、体感を観察しながら体の角度や位置を微調整していくと良いです。というか、そうしてください

最近よく使っている例えが、砂とか土とかに線を引いて、そこに水を流すとその溝通りに水は流れていくように、私達の体も位置や角度によって、エネルギーの流れも変わります

体が適切な角度、位置にあれば生命エネルギーは適切に通り、広がりや安定感が感じられます

一方で、体の位置や角度に不自然さがあれば、エネルギーの通りが妨げられて、不快感や痛みや緊張や不安定さが感じられるはずです

(さらに…)

続きを読む 心身を安定させるヨーガの体の使い方

ベジピーマンの肉詰め&唐揚げ

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:雑記

先日、がんもどきが値引きされていたのでたくさん買った。煮るのもいいけど、揚げても美味しかったです

朝、弁当の用意で揚げるだけなら時間もかからないし、男性や子供も揚げ物なら食べ応えがあって満足なのではと思います。がんもどきは下味(今回は昆布だし、醤油、みりんにした)をつけて、片栗粉をまぶして揚げるだけ。簡単!

高野豆腐で肉詰め風は、戻した高野豆腐をフードプロセッサーなどで細かくする

お皿に軽く水気を切った高野豆腐と、お好みの下味、つなぎの片栗粉を入れる。高野豆腐の分量や高野豆腐+下味の水分量によっては片栗粉の量が多くないと固まらないけど、そうすると弾力がありすぎるし

(さらに…)

続きを読む ベジピーマンの肉詰め&唐揚げ

怪我をしないアドムカシュヴァナーサナ

この間、友達の家で自主練させてもらっている時に、上のアドムカシュヴァナーサナを取っていたら「前から思っていたけど、腕がめっちゃしなっていて肘を壊さないか心配」と言われて、前腕の使い方を教えてもらい変えてみたら、あら不思議。他のあるアーサナで痛めていた肩がその後痛みなく良くなった

不自然な体の使い方をしていると、エネルギーも通らず怪我をする。正しく使えればエネルギーが通り、痛みもなくなる、続ければ怪我も治るのだと、アーサナの凄さを改めて思い知りました

このアーサナで前腕に関しては10年以上、特にこれまでの先生に言われてこなかったのでそのままにしていたけれど、ちょっとしたコツで肩が楽、腕から肩にかけて軸が出来る感じで安定感が更に増しました。先生や仲間に観てもらうってすごい大事だわ

(さらに…)

続きを読む 怪我をしないアドムカシュヴァナーサナ

便秘解消に役立つインドの知恵

この間、生徒さんが便秘体質でどうしたら良いのだろうと言っていたので、ハタヨーガやインドの知恵で有効なものをご紹介します

出すべきものが出ないのは不自然。体質を変えるには時間はかかるだろうけど、ぜひ続けてやってみてください

1、腹式呼吸
お腹から呼吸すると横隔膜が動き、それによって腸が刺激されます。便を押し出す力が高まります。また、腹式呼吸は副交感神経を優位にします。副交感神経が優位の時に腸は動き、交感神経が優位だと腸の動きは抑えられます

鼻から吸って口から吐くという方法を見かけますが、ヨーガの呼吸では鼻呼吸です。やってみると分かりますが、息は鼻から吐くほうが長く吐けます

(さらに…)

続きを読む 便秘解消に役立つインドの知恵