まずは精神集中から始めよう

瞑想のやり方は様々にありますが、基本的には何かひとつの対象に心を留めておくこと。瞑想の最初の段階は、その対象以外のことに気が散らないくらい集中が出来るよう、修練を積むことから始めます

ヨーガの瞑想は大まかには自分自身と向き合い善きものに変えていくことが目的ですが、そもそも心は生き物のようで自由奔放でじっとしているのが苦手。そうした落ち着きのない状態(動揺や混乱した状態とも言える)では、自分自身と正しく向き合うことも出来ないので、まずは、一つのことに心を留めて静かにさせることが大切です

マラソンに例えるなら、基礎体力もなく、精神も散漫で、怪我をしない効率の良いフォームを知らず、ペース配分もせずにフルマラソンを走るのと同じ。初めてでも走れる天才も中にはいるだろうし、まぐれで走れちゃう人もいるだろうけど、準備してから参加した方が安全で確実に走れるよねという意味です。瞑想も同じです

(さらに…)

続きを読む まずは精神集中から始めよう

瞑想も基礎練習が大事

4年前の写真が出てきました

当時住んでいた地域で活躍していたインストラクター同士で、ヨーガのイベントを行った時に、知人のリードでムドラー(印相:手で特定の形を作りエネルギーを生み出す技法)を使って瞑想をしてみようという内容だったかな

私はあまり分からないしそんなに重要視していないけど、瞑想に熟達している人が写真を見るとその人の意識状態が分かるらしい…。(きっと未熟さがだだ漏れ)

(さらに…)

続きを読む 瞑想も基礎練習が大事

満月・新月瞑想会

スケジュールには載せましたが、3月から満月と新月の日には瞑想会を行います

インドでは満月と新月の日のハタヨーガはお休みします。反対に瞑想やチャンティングには適しています

教室でも満月新月の日はクラスを休みにして振替にしていた時期もあるし、振替が出来ずクラスの数が減ってしまう場合は、気をつけてハタヨーガクラスを行っていましたが(実は。適当にスケジュールを組んでるわけではなかったです^^;)

(さらに…)

続きを読む 満月・新月瞑想会

夜間のYOGA

ヨーガや瞑想は本来は朝早く行う方が望ましいです。特に日の出前はエネルギーも澄んでいて、修行に適した時間帯だと言われています(ブラフマムフルタ)。確かに街もまだ静か、頭の中もまだ静かで取り組みやすいです

朝は体を目覚めさせたり、エネルギーを生み出すための体作りのために、運動量が多めや負荷が強めの動きや呼吸法を行う。一日の始めに行うと、肉体的にも精神的にも後の行動がしやすいです

朝は眠く起きられない、寒いから布団から出たくない動きたくない!というマインドを無視して何度かやってみて下さい。試す価値は十分にあります

(さらに…)

続きを読む 夜間のYOGA

病は気から

今回は、初インドの生徒のMさんと一緒にツアーに参加しましたが、Mさんインドの衛生面がちょっと心配で、寺院で裸足になったり、トイレに行ったり、食事の時など

手足をせっせと除菌ティッシュで拭いていたそうで(インドの水はお腹壊すので飲めないし、衛生面に不安があるため)

インド何日目かで、手足にポツポツと湿疹が出始めて日に日に悪化してしまいました。元から肌がアルコールに弱いのに多用してしまい、手足がガサガサになっちゃたみたい

(さらに…)

続きを読む 病は気から