【動画】アドムカシュヴァナーサナ

自主練習動画の第11弾は「アドムカシュヴァナーサナ」(下向き犬のポーズ)です

動画内でも触れていますが、このアーサナは頭を下に下げるので血液が集まり、体質や体調によっては頭痛やめまいが起こりやすいです

練習当日の体調を確認し、気圧、血圧に問題がある人、寝不足や疲労など何らかの原因で頭が重い、頭痛がある、めまいを起こしやすい人は、自主練習なのでお休みしてください

また、手首や肩を痛めている人は痛くて取れないと思いますので、お休みしましょう

(さらに…)

続きを読む【動画】アドムカシュヴァナーサナ

【動画】ウッターナアーサナ

自主練習動画の第10弾は「ウッタナーサナ」(立位前屈のポーズ)です

動画内でも触れていますが、このポーズは頭に血液が集まったり、そこから頭を上げて直立に戻ることで頭痛やめまいが起こりやすいです

練習当日の体調を確認し、気圧や寝不足や疲労など何らかの原因で頭が重い、頭痛があるとか、めまいを起こしやすい人は、自主練習なのでお休みしてください

特に大丈夫だけど、アーサナ中にそういったことが起こった場合は、動画内の休み方を参考にして対処してください

(さらに…)

続きを読む【動画】ウッターナアーサナ

【動画】アルダウッターナアーサナ

解説動画の第9弾は「アルダウッターナアーサナ」(半分の立位前屈のポーズ)です

「アルダ」は「半分」という意味で、当初は半分じゃない折りたたみケータイみたいな前屈(ウッターナアーサナ)を撮っていましたが、床に手が届かない方の練習法も盛り込んだら長くなってしまってしまい

編集が大変でワケが分からなくなってしまったので、半分のをまずシェアします

教室では脚の裏側が硬い、骨盤の可動域が狭い、背中や胸が硬いなど様々な理由で、床に手が届かずに補助を使う人もいますし(恥ずかしいことではありません)、頭痛やめまいなどを起こしてしまう人は頭を完全に下げられないから、このポーズで様子を観ながら加減したりなど

割と登場するアーサナなので、自主練習で復習に役立てて下さい

(さらに…)

続きを読む【動画】アルダウッターナアーサナ

【動画】バクラアーサナ

解説動画の第8弾「バクラアーサナ」。骨盤を立てて体をひねることで腰から首まで刺激が正しく入ります。骨盤を立てる練習の仕方については、前回の動画(ダンダアーサナ)で紹介しましたので、確認してください

座位のアーサナはダンダアーサナが基本になります。簡単そうに見えるけどとても大切な要素が詰まった大事なアーサナです。骨盤を起こして背骨を引き上げることで姿勢を支える力が生まれます。つまり自分が自分をきちんと支えることが出来るようになる。これもアーサナのひとつの役割や目的です

このバクラアーサナは上半身をひねるので下腹部に負荷がかかります。生理直前で腹にハリがあったり痛みがある人・生理中で痛みやハリの有無関わらず出血がある人はお休みしましょう

(さらに…)

続きを読む【動画】バクラアーサナ

【動画】ダンダアーサナ

今回はアーサナ解説動画の第7弾「ダンダアーサナ(杖のポーズ)」です

この後に座位で体をひねるポーズを動画をアップロードしようと思っていますが、それ以前に骨盤という土台が傾いていると、その上に乗る背中は傾き、その状態で背中をひねっても上半身をひねる効果も薄れたり、腰やどこかに不自然な負荷がかかってしまいます

まずは基本の長座で骨盤を立てて脚と背中を伸ばす動作を練習していきます。座位の基本のポーズで大切です

このアーサナは骨盤や背中や胸の可動がない方ほど、一体何してるのかが分からないとか、ただきついだけとか、退屈なアーサナに思えてしまうのですが、後半に紹介する壁を使った方法でコツコツ頑張ってみてください

(さらに…)

続きを読む【動画】ダンダアーサナ