【動画】バクラアーサナ

解説動画の第8弾「バクラアーサナ」。骨盤を立てて体をひねることで腰から首まで刺激が正しく入ります。骨盤を立てる練習の仕方については、前回の動画(ダンダアーサナ)で紹介しましたので、確認してください

座位のアーサナはダンダアーサナが基本になります。簡単そうに見えるけどとても大切な要素が詰まった大事なアーサナです。骨盤を起こして背骨を引き上げることで姿勢を支える力が生まれます。つまり自分が自分をきちんと支えることが出来るようになる。これもアーサナのひとつの役割や目的です

このバクラアーサナは上半身をひねるので下腹部に負荷がかかります。生理直前で腹にハリがあったり痛みがある人・生理中で痛みやハリの有無関わらず出血がある人はお休みしましょう

(さらに…)

続きを読む 【動画】バクラアーサナ

【動画】ダンダアーサナ

今回はアーサナ解説動画の第7弾「ダンダアーサナ(杖のポーズ)」です

この後に座位で体をひねるポーズを動画をアップロードしようと思っていますが、それ以前に骨盤という土台が傾いていると、その上に乗る背中は傾き、その状態で背中をひねっても上半身をひねる効果も薄れたり、腰やどこかに不自然な負荷がかかってしまいます

まずは基本の長座で骨盤を立てて脚と背中を伸ばす動作を練習していきます。座位の基本のポーズで大切です

このアーサナは骨盤や背中や胸の可動がない方ほど、一体何してるのかが分からないとか、ただきついだけとか、退屈なアーサナに思えてしまうのですが、後半に紹介する壁を使った方法でコツコツ頑張ってみてください

(さらに…)

続きを読む 【動画】ダンダアーサナ

【動画】マツヤアーサナ

久しぶりのアーサナ解説動画です。第6弾

本当はこれまでの流れを考えて要素が偏らないように、体をねじるアーサナをアップロードしたかったのですが、マツヤアーサナの方が編集しやすかったので(もう撮っていますが、アーサナで左右取るものは編集に時間がかかってしまう)今回はこのアーサナにしました

動画でも触れていますが、首だけは本当に気をつけて練習してください。動画を観ながらではなくて、手順を確認してから実際に体を動かしましょう

いきなりマツヤアーサナを取るよりは、先に首まわし、肩回しなどしてから行ったほうが良いと思います

(さらに…)

続きを読む 【動画】マツヤアーサナ

【動画】ブジャンガアーサナ

動画第5弾。ブジャンガアーサナ(コブラのポーズ)

自主練習動画は、組み合わせればショートレッスンになるように前屈、側屈、後屈、仰向け、うつ伏せ、立ちポーズ、上半身、下半身など要素が偏らず、バラバラになるように作っています。次回はバランス、ねじりを撮る予定です

今回は後屈の際に腰を痛めない体の使い方を紹介しています。他の後屈にも共通する体の使い方です

私はもう長いこと後屈は痛くなるし辛いし嫌煙しがちだったのですが、今の先生に腰が痛くならないやり方を教えてもらってから、後屈が好きになりました。本当に痛くならないです

(さらに…)

続きを読む 【動画】ブジャンガアーサナ

【動画】ヴィラバドラアーサナⅡ

動画第4弾。ヴィラバドラアーサナⅡ

守るポイントが多いので、右側と左側で分けて解説していますが、両側とも共通の注意事項です

動画内でも触れていますが、膝はつま先と同じ方向。骨盤は正面に向けて保ちますが、骨盤や股関節の可動域が狭く硬い人は、骨盤を正面に向けると膝が内側に入る傾向が強いです。その場合は、骨盤が前脚の方に向きますが、膝をつま先と同じ方向に向けることを優先してください

家と同じで、土台をしっかり作ることが大事。足首の真上に膝。その上に上半身が積み上がっていく。上半身も背骨が曲がったり傾いていると不安定です。背骨を引き伸ばして胸を開くことを意識します

(さらに…)

続きを読む 【動画】ヴィラバドラアーサナⅡ