【動画】アドムカシュヴァナーサナ

自主練習動画の第11弾は「アドムカシュヴァナーサナ」(下向き犬のポーズ)です

動画内でも触れていますが、このアーサナは頭を下に下げるので血液が集まり、体質や体調によっては頭痛やめまいが起こりやすいです

練習当日の体調を確認し、気圧、血圧に問題がある人、寝不足や疲労など何らかの原因で頭が重い、頭痛がある、めまいを起こしやすい人は、自主練習なのでお休みしてください

また、手首や肩を痛めている人は痛くて取れないと思いますので、お休みしましょう

特に問題がない方も、よく観察をして保持の時間を調整したり、補助を使うようにしてください

このアーサナは身体機能を高める恩恵が多いだけでなく、休息として使われたり、アーサナとアーサナのつなぎに使われるなど、結構出現率が高い基本のアーサナです。恩恵も多いけど適切に行わないと怪我もしやすいアーサナです

ポイントをしっかり押さえて習得していきたい動作ですね

◎アーサナ(呼吸法も)の名前、手順、ポイントを覚えましょう◎

前々から態度に出しませんが、クラス中に時々「も〜っ_| ̄|○」と思ってしまうことがあります

クラスで私がアーサナの名前(サンスクリット、日本語)を言ったら、パッと動けるようになって欲しいです

正直、名前を聞いてすぐに動けない人が多すぎる

ヒントを出して「あのポーズね」となっても、ポイントが適当になっていたり、手順や補助の使い方があやふや・適当なことが多い(T_T)

クラスはまだ数回とか、出現頻度が少ないアーサナなら仕方ないですが…。そうじゃないことが多い

それで、クラスの流れを止めてまた細かく説明をして…とやっていたら時間もなくなりますよ。その時間をもっと深く内観出来るようなガイドをしたり、ステップアップした練習に充てていきたいです

名前を覚えていない、手順を覚えていない、補助の使い方を忘れてしまうのは、自主練が足りないからです。研究が足りないからです。クラスの後に質問してこないからではないでしょうか

来年私は(オンラインクラスは続けますが)平塚の実店舗の教室は閉める予定なので、生徒さんが路頭に迷わないよう自立してヨーガを続けられるように、もし他の先生のところに行くにしても、混乱せずそして、そのクラスでより練習の難易度や質を高めた練習が出来るようになって欲しいと思っています

去年からこうして動画を載せてシェアしている意図は、間違った方法で自主練をしないように役立てて欲しいのと、そもそも自分で取れるようになって欲しいからです(でも自己流とは違います)

いつまでもアーサナの取り方が分からない。なんだっけ?と、先生にリードされているようでは、先に奥に進めません

私自身は自分が生徒で先生のクラスに参加するときは、先生がいついなくなるか分からない・今日で最後だと思って、一言一句、一挙手一投足、先生の動きを観て聞きます

先生がクラスの流れを止めて話しているときは、先生の顔と動きを観て話をよく観察して聞くし、そうでない場合も先生の声に耳を傾けつつ、自分の動きに集中して分からないことや確認したいことがあれば、クラスの後に必ず質問します

そうして持ち帰ったものを自主練して、次に観てもらったり、クラスの中で練習することがあれば前回の状態と違うわけですから、先生からアドヴァイスを頂いて、内容を深めるようにしています

ちなみに内容を深めるというのは、ただ単に体の使い方をマスターするという意味ではないし、アーサナの完成度やゴールはいろんなアーサナが取れるとか、難易度が高いアーサナが取れることではないです

まずは①アーサナを適切に正しく取れるようになり、②その先にある体を緻密に使いつつ内に起こる現象を観ていくこと、観察を深めて自分とは何なのか知っていくことを指します

①でいつまでも足踏みしていたらもったいないです。この肉体は有限ですから!もしかしたら

ちょっと厳しい言い方をしたかもしれませんが、本当にヨーガは良いもので正しく続けてほしいから言いました。説教であり攻撃や批判ではありません◎