【動画】バクラアーサナ

解説動画の第8弾「バクラアーサナ」。骨盤を立てて体をひねることで腰から首まで刺激が正しく入ります。骨盤を立てる練習の仕方については、前回の動画(ダンダアーサナ)で紹介しましたので、確認してください

座位のアーサナはダンダアーサナが基本になります。簡単そうに見えるけどとても大切な要素が詰まった大事なアーサナです。骨盤を起こして背骨を引き上げることで姿勢を支える力が生まれます。つまり自分が自分をきちんと支えることが出来るようになる。これもアーサナのひとつの役割や目的です

このバクラアーサナは上半身をひねるので下腹部に負荷がかかります。生理直前で腹にハリがあったり痛みがある人・生理中で痛みやハリの有無関わらず出血がある人はお休みしましょう

また、今現在膝に痛みがある人は程度によるのですが、膝を立てたり肘を引っ掛けて膝を押すことで痛みが出るので休みます。痛みがなければ様子を観ながらやってみてください

動画で手順やポイントを覚え、自分で取れるようになって欲しいのはもちろんですが、ヨーガアーサナの名前も覚えてもらいたいです。クラスでアーサナ名を聞いて、「あれね」と、サッとアーサナに入れるようになるといいですよね

動画を作る時に、左右あるもので体の動きが複雑とか、ポイントがたくさんある場合は、前半(右側)に優先順位の高いポイント・体の使い方、後半(左側)に細かいポイントや意識の使い方について分けて解説していることが多いです

当然ですが、右側に説明したポイントは左側でも(逆も言えますが)同じように守ってください。片側だけのポイントではないので、両側で練習してください

動画は手順やポイントを確認する内容であって、一緒にやることを想定して作っていません。観ながらだと集中が途切れるからです。最初は動きを確認して、その後真似してやってみる。分からないところは覚えておいてまた再確認してから、練習するという風に繰り返してみてください

観ながらだと、覚えようとせず観ながらでしか出来なくなります

私の教室に限らず、どこのクラスであってもそうですけど、覚えようとか持ち帰ろうとしてクラスに出ないと、いつまでもガイドされないと出来ない状態になって、身につかないし上達しません

有意義な練習となりますように