アーサナは数珠つなぎ&家族にアーサナを教える時は…

先日のクラスで「パールシュボッターナアーサナ」というアーサナを取ってもらった時の話(どんな形かわからない場合は検索してください)

下半身はもちろんのこと上半身の筋力、柔軟性、バランス力、集中力を養うのにオススメのアーサナだと個人的には思っていますが、脚を前後に開いて上半身を倒していくので脚力や体幹がないと、バランスが取りにくくフラフラしたり、保持もきついと感じて呼吸が止まったり、バランスを取ろうと体を力ませる方も多いです

今回ある生徒さんが、わりと余裕を持って取れるようになっていて、たしか私の記憶だと以前は上半身を倒したり起こしたりする時にふらついて、保持も筋力で支えるというより補助に頼っていたはずなので

その辺の違いをご本人に聞いてみたところ、これはやっていないけど別の立位のアーサナ(アルダチャンドラアーサナ。これも分からない方は検索してみてください)を、毎日のように続けているとのことでした

それで体を支えるのに必要な筋力や、骨盤の使い方や可動域も広がって、パールシュボッターナアーサナも安定して取りやすくなっているのだろうと伝えました

結構こういうことあって

例えばAというアーサナを続ければ、A自体が段々と出来るようになってくるけど、体はつながっているので、同じ部位や使い方をするBとか、一見関係なさそうなKというアーサナとか呼吸法がしやすくなっていたり、数珠つなぎというか全部リンクしているんですよね

こういう形で日々の練習の成果が見える時があって、結構嬉しかったりやる気に繋がることも多いです。でも、結果にこだわると、思い通りにいかないと苛立ちや焦り、ヨーガへの疑いが出てきたり、過程が疎かになるので

成果が見えても淡々と、期待せず気長に続けることですね。こういう心のコントロールもヨーガの練習だったりします

ご本人も日々の練習の成果が目に見えて分かったようで嬉しいとおっしゃっていました。ちょっとしたことだけど、こういう良い変化自体だったり、誰かを通してヨーガの恩恵を見ることが出来るのは、私も嬉しいものです

この方はご家族と一緒にアーサナを取って、アドヴァイスをすることもあるそうなので、家族に教えてあげる時にいくつか注意してあげるといいポイントをシェアしました

それは、「聞くこと」

クラスで習ったことをそのまま家族に教えてあげようと思っても、相手が子供だったりお年寄りだったり(つまり自分と体力や体質の差が大きいほど)、ストレスの有無、普段体を動かしているかどうかなど、様々な理由でそのポイントが適用出来ない場合も多かったりします

ですので、例えば自分がこれだけ伸ばして心地よいと思える程度と、相手のそれは違うかもしれないし、自分と同じように動けるとは限らないということを頭に入れて

「今、心地良い?違和感とか痛みとかない?」「こうするとどう?」など聞いてあげながら、クラスで教わった体の使い方をシェアしてあげるとよいですよ