心身を安定させるヨーガの体の使い方

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:ヨーガ

アーサナを取っている時は、形を真似するだけではなく、一回形を作ったらそのままで通すのではなく、体感を観察しながら体の角度や位置を微調整していくと良いです。というか、そうしてください

最近よく使っている例えが、砂とか土とかに線を引いて、そこに水を流すとその溝通りに水は流れていくように、私達の体も位置や角度によって、エネルギーの流れも変わります

体が適切な角度、位置にあれば生命エネルギーは適切に通り、広がりや安定感が感じられます

一方で、体の位置や角度に不自然さがあれば、エネルギーの通りが妨げられて、不快感や痛みや緊張や不安定さが感じられるはずです

気づいていないかもしれないし、安定しているようにみえても、頭、腕、背中、骨盤、脚、足の位置とか再確認して微調整してみてください

適切なものになれば、より広がりや安定感がより増したり、より力みが抜けたり、エネルギーもより生み出されて通っていく場合が結構あります。クラスでも本当にちょっとだけでも調整してもらうと「本当に全然違う〜」と言われます

この修正は大きいものからmm単位の僅かなものだったりして、僅かな修正ほど観察力が必要になってきます。体の中を細かく観ることに面白さを感じられると、ヨーガがもっと楽しく感じるし

体調の変化を敏感に感じられるようになってきて、悪いものなら早い段階ですぐに対処出来たり、生活の仕方も変えようという意識が湧いてきたり、繊細な観察が出来るようになってくるから心の動きも感じられやすくなるし、良いこと尽くめです!

薬や整体に頼らなくて良い心身になってきますよ

関連
怪我をしないアドムカシュヴァナーサナ