【音声】本当に自分を変えたいYOGAをするならお酒はやめましょう

今回はヨーガを幸せになる生き方として実践をするのなら、お酒はやめましょう!という話です。私の体験からも、絶対に止めた方が良い。お金もかからなくなるし、それ以上にちゃんとヨーガをすることが出来て肉体的、精神的、霊的にも絶対に良いです

私自身が飲酒という行為を自分に許しながら指導をしていた時期が長く、当時の生徒さんに本当に申し訳ないと思っているし(自分を律しないでいる人に「ヨーガとは」って教えてもらうのって嫌でしょう)、自身を振り返っても失敗が多かったし止めて良かったです

現在、ヨーガを実践していてお酒を飲んでいる人であれば、音声を聞いて自身を内観し止める努力をしてみてください。本当に一滴でも飲まない、飲みたいとも思わない状態でヨーガを始めてから、恩恵を本当に感じています。この肉体は時間に限りがあるから、早いうちに止めた方が良い。それは何歳からでも!

【#4】YOGAをするならお酒はやめましょう

・生き方のヨーガをするならお酒は妨げになる。その理由や実例

・私の場合はどうだったの?止めた経緯と飲酒をやめて良かったこと

・飲酒という習慣を止める方法

・まとめ

このサイトの事情で、データは1回あたり5Mまでしかアップロード出来ません。音声の質を落とさず5M以内は大体5分前後なので、今回は3回に分けました。1から順に聞いてください

音声1

音声2

音声3

 

〜音声の補足〜

ヤマ【禁戒】他者や社会との関わりをスムーズにするために慎むべき行為。アヒンサー(非暴力)、サティヤ(正直)、アスティーヤ(不盗)、ブラフマチャリヤ(節制)、アパリグラハ(不貪)

ニヤマ【勧戒】個人の規律。守ることで心を純化のスピードが速まる。シャウチャ(清浄)、サントーシャ(知足)、タパス(苦行)、スワディヤーヤ(自己探求/聖典の学習)、イーシュヴァラ・プラニダーナ(神への献身)

ヨーガの目的は、私の先生の言葉を借りると『自律して自立すること』

ヨーガの行動規範であるヤマニヤマは、自立するための教えです。あってもなくても、来ては去っていくものに揺らがず、好悪なく満足している状態、今に生きることを教えてくれます

日常でこれらの教えを実践する際に、自分の持つ欲望や行動をよく観て良きものに律することが大事ですが、飲酒をするとこのヤマニヤマ自体を破っていることが多いし、実際に破っています

アヒンサーだったら、飲むことで体へのダメージは確実にある、食べすぎ、批判や悪口が始まる(思考もそうです)、手を出す、嫌な思いを誰かにさせる可能性が高まるし、実際に気づいていないだけでしていることも多い

サティヤだったら、気を遣ってお世辞でも思ってもいないことを言う、出来ないこと・普段していないことを良かれと思って言う、やる。出来ない約束をする、約束して忘れる、自分の行動に責任をもたないなど、普段だったら気をつけていてもやっているかもしれない

ブラフマチャリアだったら欲望を自制して律すること。欲望を慎む、欲望をコントロールしてエネルギーの無駄遣いをへらすこと。飲酒はもろにそれを破っています。貪らないアパリグラハ、足るを知るサントーシャも関わっています

タパスは苦痛を受け入れること。量や頻度は関係なし。ストレスや問題を感じて飲酒に逃げたら、走ってしまうことは、タパスに反します

・音声2で「他のことをごまかす癖が強くなる。まぁいいかってなってくる」というのは、お酒を飲んでいる時に、ちょっとならいいかと自分に甘くなって、ヤマニヤマや他のヨーガの教えを中途半端にしたり、その瞬間守らなくなるし、そのヤマニヤマを破る癖は、お酒を飲んでいない通常時でもしれっとやってしまいがち

また、自分をごまかす癖は、家事や仕事や用事かもしれないし、やらなければいけないことを後回しにする方にも働きます

・飲酒によって体へのダメージやエネルギーの消耗が起こりますが、止めるとそれがなくなり不調になりにくくなりました。だるい、眠い、ちょっと胃もたれとかも負担がかかっているわけで。あとは、実感がなくても繊細なレベルで確実に飲酒による影響を受けているから、ヨーガのポーズや呼吸法や瞑想がしにくくなり、恩恵を受けにくくなります

・私の場合はここ最近先生からお酒はだめだと聖者が言っているよとか聞きますが、当時は直接言われたわけではなく、ブログで『酒を飲む人は自分の行動に責任を持たない、暴力(暴言、悪口も含む)を平気でする』(←100%正確じゃないから間違って先生の意図が伝わってしまうことがありませんように。)というようなことを見て、ハッとさせられたんですよね

私、そうじゃん。と思ったし、お酒飲んでいる人を観察すると確かにそうしている。いくら楽しい席でも。その場しのぎや、適当、欲が大きくなるわ。と気づきました。先生のクラスに通っているのに、これじゃいけないと思ったのでした

ここでお酒はだめという理由は、私の経験と先生の言っていること、その大元の聖者の教えを照らし合わせると、明らかに真逆のことをしているなという、自分が気づいたことを話しています