怪我をしないアドムカシュヴァナーサナ

この間、友達の家で自主練させてもらっている時に、上のアドムカシュヴァナーサナを取っていたら「前から思っていたけど、腕がめっちゃしなっていて肘を壊さないか心配」と言われて、前腕の使い方を教えてもらい変えてみたら、あら不思議。他のあるアーサナで痛めていた肩がその後痛みなく良くなった

不自然な体の使い方をしていると、エネルギーも通らず怪我をする。正しく使えればエネルギーが通り、痛みもなくなる、続ければ怪我も治るのだと、アーサナの凄さを改めて思い知りました

このアーサナで前腕に関しては10年以上、特にこれまでの先生に言われてこなかったのでそのままにしていたけれど、ちょっとしたコツで肩が楽、腕から肩にかけて軸が出来る感じで安定感が更に増しました。先生や仲間に観てもらうってすごい大事だわ

手首を痛めていて、このアーサナを取ると手首が痛くなるという生徒さんに教えてあげたら(前腕以外のとこばかり修正してもだめで、もっと前に気づいて教えてあげられたら良かった。ごめんなさい!)、全然手首が痛くない!と改善されたそう。良かったー

 

これがこれまでのアドムカシュヴァナーサナ。写真は比較しやすいようにわざと大げさにやっていますけど、前腕は何も意識していなくて、肘がしなって、背骨もしなっている

これだと肘に負荷がかかっていつか壊すし、手指をしっかり開き、背骨や腹を伸ばすように床を斜め上に押しているものの、腕がぐにゃっと不安定で支えられず肩にも負荷がかかる。私の場合は骨盤、背骨、肩の可動域はどちらかというとある方なので、柔軟性でどうにかカバーしていましたが、背中や腹や脚の伸びは感じるけど、どこか肩の収まりが悪く長時間保持するとちょっと肩がきつかった

でも、骨盤や背中や肩の可動域がない人ほど、伸びが途絶え力が分散しないというか、肩や肘や手首に上半身の重みがかかって、きつく、変に力むし、怪我をする

こちらは改善版で、前腕をちょっと持ち上げるイメージ、または前腕の下側と上側で押し合うようなイメージで肘周りの筋肉を立ち上げつつ、床を押す。これで、腕に軸が出来て自然と手首、肩、背骨が一直線になって、安定感も増しすごく楽でこれまで以上に広がりを感じられたし違和感が全くない!

昔、このアーサナは休むポーズだよと言われて実感がそんなになかったけど、今ならすごく分かるー

ただし、肘周りの筋肉を立ち上げようとして、肘を力ませると痛めるので注意(←実際にやってみて痛めた)。コツはちょっとの意識と力加減です

他の生徒さんで骨盤や背中が固く、取りにくい人にも試したら、肩の感覚が違う、肩の収まりの良さを感じるし、背中が楽!と言っていました。教えてくれた友達に感謝です

自主練の参考にしてみてください。現在、私もまだ細かい癖がついていたり、絶妙な体や意識の力加減というか、そういうのが自然に身についていないので練習中です

何年経っても学ぶことあるなー

私の場合は20代の頃は柔軟性任せや力任せに取っても、よっぽどおかしいことをしない限り怪我をすることもなかったり、どこか痛めたり不調が起きた時もわりとすぐに治ったりで、体の怪我や不調を治す力を持っているという意味でアーサナの恩恵を感じることはそんなになかったけど

段々と年齢とともにごまかしが利かなくなる時期が来るのを感じるし、今の先生が体の使い方がめちゃめちゃ細かいというのもあり、昔の癖を修正をしているけど、体の構造や性質に沿ってアーサナを取るようになって、若い頃よりも今のが体調が良く

老化・劣化は避けられない範囲・程度はあっても、自分で治せる、身一つあればオッケーという、心強い術を持っていることにめちゃめちゃありがたさを感じるし

何歳からでも遅くないから、あちこち痛い、心も辛い、とりあえず薬飲んでどうにか対処してますという人は、ヨーガ始めればいいのになーと思っています。体がちゃんと使えると軽く広がりが感じられますが、心も重荷が取れて軽く、ふらつかない安定感が出てくるからです

問題解決を他人任せにしたり、何かに依存することも減って楽になりますよ