今後のレイキに関して。まずは体から

8月からレイキヒーリングの施術とレイキヒーリング講座の取り扱いを制限することにしました。施術はクラスに来た方でご興味のある方には引き続きしますが(ホームページ等で公にするのを控えることにした)、講座はヨーガクラスを受けており、かつ教室で設定した基準を満たした場合に開催しようと思います

基準はクラスの参加の頻度やヨーガ歴は一切関係ないので、生徒さんでご興味のある方は声をかけてみてください。よっぽど体に不調が多かったり、もう少し地に足をつけたほうがいいと思うけど…。という人でなければ、ほとんどお断りすることはないと思います

反対に、自主練習や生活のヨーガの実践をきちんとしている人なら余裕でパスでしょう

この経緯に至ったのは、当然きっかけがあります

ざっくりいうと、『まずは体から取り掛かった方が良いですよ』という方の講座受講のお問い合わせが、ここ何件か続いたことにあります。皆さん共通点があって、精神的にすごく苦しんで不安定で、体もそれに引っ張られて日常生活に支障が出るほど不調が起きているという状態

自分と向き合う以前に日常生活を送らないといけないわけで、基盤である体を立て直すことはとても重要。体が弱いと心も弱くなるし、体は魂の宿る神殿だし、道具である体を大事に出来ないと魂を磨くとか心を立て直すとか表現は何でもいいんだけど、とにかくそれが上手くいきにくい(そうでない人もいるかもだけど、大部分の人は体にメンタルが引っ張られますよ)

自分を癒やし心を早く楽にしたいのだと思うけど、「まずは体をどうにかした方がいいよ」という意味でヨーガを勧めたけれど、事情は様々で結局はヨーガをするまでに至らず。ヨーガの魅力や、なぜ勧めたのか言葉が足りず伝わらなかったのかもしれないけど、ヨーガのがいいと言ったのはそういう理由があります

ご本人がどうするか決める事だから来なかったら仕方ないけど、クラスに来れなかったらオンラインもあるし、Youtubeで気に入ったヨーガの動画でもいいと思うし、ヨーガに限らず散歩とか階段の昇り降りでもいいと思うんだけど、体を動かすといいですよ。体を動かさない人ほど考えすぎて余計辛くなりますから。動けそうな時にちょっとずつでもいいんです

レイキをやってはいけないという意味ではなく、実際に、レイキヒーリングをすることで体の機能が活性化され、精神的にも安心感や気力が生まれ、心身共に良い方向に働きます。でも、エネルギーの停滞が強い―つまり心の緊張(恐怖、怒り、嫉妬、悲しみ、疑い、執着、欲望など)が強く、体も萎縮し不調が起きたり体力も落ちていたりで生命力が弱い状態では、レイキのみで解消するには相当時間がかかると思います

体を動かさなくても思考自体がエネルギーの消耗だし、ネガティブな考えが心だけでなく体の不調を生むわけで、レイキを流してもそこを変えていかないとヒーリングも追いつかないし、効果が感じられないと思う。だから、私の場合は毎日ヒーリングをしたり、ヨーガの呼吸法をさせたり、日々の行動の仕方が大事でレイキで哲学を取り上げて実践してもらっています

そのように継続して向き合い続けるには、体力以上に耐力、気力、勇気が必要で、日常生活を送るのがやっとの場合は相当大変だと思う

だから、ヨーガで体を動かすことを勧めます。緊張をゆるめエネルギーを通し、呼吸をしやすくし(呼吸が浅いと体の機能は弱る、覇気もなくなる、心も雑多で散漫になる)、エネルギーを生み出せる疲れにくい体を作ったり、体の動きを少しずつ良くして可動を増やします。出来ることが増えていくと自信もつくし、肉体は心よりも目に見えて反応や変化が分かりやすいからモチベーションも保ちやすい

あることがきっかけで、心に大きな負担を負ったり傷ついた時に、精神世界に興味が出てスピリチュアルな方法でどうにかしようとする方向に向かう人は多く、それで上手くいく人もいるだろうけど、体をおざなりにして地に足がつかない人、囚われをなくし内を磨くはずが特別な体験を求めることに目的がすり替わってしまう人、現実逃避に使う人、エネルギーが上に上がりすぎて余計に状況が悪くなる人は実際に沢山います…。

レイキヒーリングは本来はどんな状態でも誰でも受けられるし、使える能力は備わっていて使えたら超便利。でも、スピリチュアルな分野に入るので、使い方に気をつけないと真逆に進むから、その点を気をつけて私なりに普及したらいいなと思って講座を作りましたが

たまたまそういうケースが続いて、創始者である臼井先生の頃(大正時代)と体の在り方(昔の人は体を動かしていた)も違うし、社会環境も全然違うから心に受ける影響も複雑だろうし、どんな人にもレイキのみでOKというわけにもいかないのかも…と疑問を持ち始めたのでした

レイキヒーリングはメリットがたくさんありますが、実際にヨーガはスピリチュアルだけど、科学的に研究が盛んで、そういう意味ではヨーガのが中立的。アーサナ(ポーズ)やプラーナヤーマ(呼吸法)で体を使うけど、心の扱い方の知識の部分もあり、どちらにも偏らずに行えばベストな方法で、レイキには敬意を持っていますが、ヨーガの方が歴史が長くそれだけ安定し、緻密で、具体的で、様々な人に合うやり方があり、そこに信頼を置いているので、私自身は元々レイキはヨーガの補完として使っています

そういう諸々の理由で決めたのでした。ホームページやInstagramで公にすることはしませんけど、施術や講座もヨーガの生徒さんでご興味がある方は声掛けてください

自分の元に来てくれたなら、責任持ってやっぱり良くなってほしいと思うし、ご本人の意向に沿わなくてもヨーガのが良さそうならそれを伝えることはします。この行動によってレイキをシェアする機会が減っても仕方ないと思うし、合わないなと思えば他の自分に合ったレイキの先生が見つかればいいなと思っています^^