《動画》ブジャンガアーサナ 他

前回に続き、コツコツ編集していました自主練習参考動画です。前回よりも内容をいろいろ入れて再生時間が長くなり、約13分の動画ですが私にはかなり時間と労力がかかりました

第2弾は『ブジャンガアーサナ(コブラのポーズ)』をメインとして、ブジャンガアーサナに至るまでの準備も含めています。後屈は背筋を鍛え腰を強くしたり姿勢の矯正になる、腹部を伸ばし胃腸の活性化、胸を開き言葉通りハートの緊張をゆるめたり、力強い動作から物事をやり遂げる活力が湧いてきます

動画を見て体の動かし方や観察の仕方を確認してみてください。最終的には動画を見ないで自分だけで観察を伴いながらアーサナを取れるようになってもらいたいです

常々思っていたのですが、アーサナの名前も覚えて欲しいと思って、今回からアーサナの名前を字幕に入れました

ブジャンガアーサナ動画URL

(画質は調整してください)

練習の際は動画をよく見て、よく聞いて、真似してもらいたいですが、ポイントの説明や確認のための動画なので、一緒に観ながら行うにはスピードが速いですから、動作のひとつひとつを、ご自分のゆっくり無理をしない速さでやってみてください

段々と動画を見ないで動いてみて、分からなくなったり、違和感が出てきたら動画を見て確認することを繰り返してみます。そして、最終的には動画はなしで動きます

そして、動きにばかり囚われずに観察を伴いながら行うように意識するのを忘れずに。今回からその辺も内容に含んでいます

体を動かしながら自分の癖や状態を知るのがヨーガ。自分だけに集中するのが大事です。見ながら、聞きながらアーサナを取るのは、結局は注意が外に向いている状態で完全な集中ではありません

〜基本のポイント〜
・いつも口は閉じて鼻呼吸

・ゆっくり動く

・動きに慣れてきたら、呼吸と動きを合わせて動きましょう。私のガイドの速さでなくて自分の呼吸の速さ

・力任せに行わない。特に顔、首肩、腰、脚の付け根、足首〜足先など無駄な力が入りやすいのでチェック

・床に手をつく動作は手の指を全開(と思っている以上にめいっぱい)開く。開きが甘いと手首を痛めます

・ガイドの回数は目安なので、体調に合わせて無理なく行う

生理前、生理中(痛みがない、終盤でも出血がある人もみんな)は子宮を圧迫して負荷をかけるのでお休みします。腰痛がある方、腰痛が出やすい方、過去に腰を痛めたり持病がある方は特に注意して、首回し〜ツイストスカアーサナまで入念に行い、様子を観ながらスフィンクスを時間をかけて練習してください

・手首、背中が痛い人も悪化する痛みであれば中止します

・がむしゃらにやらない

コツコツ続けてみて下さい!