《動画》ジャタラパリヴァルタナアーサナ

クラスの復習や自主練習の参考にしてもらえばと動画を作りました。(iphoneとchromebookの相性があまり良くないことと、PCというかネットというのか無知すぎて、編集とアップロードがどうしても上手く行かず一度力尽きましたが、諦めてなかった!)

第一弾は『ジャタラパリヴァルタナアーサナ(ワニのポーズ)』簡易系とバリエーションです。肩を床に固定して背骨をねじり、背中や腰の筋肉や腰と骨盤を繋ぐ筋肉をゆるめていきます

動画を見て体の動かし方や観察の仕方を確認してみてください。最終的には動画を見ないで自分だけで観察を伴いながらアーサナを取れるようになってもらいたいです

ジャタラパリヴァルタナアーサナ動画URL

(iponeは大丈夫でしたが、私のPCから見ると最初は画質がとても荒いので、全画面モードにして歯車で画質を選んでから全画面モードを終了すると見やすくなりました)

最初は動画を見て動きながらでも手順を覚えつつ、音声をしっかり聞いて動作のポイントを確認してみてください。よく見て、よく聞いて、真似しましょう。動画のガイドはスピードがちょっと速めなので、ご自分のゆっくり無理をしない速さでやってみてください

段々と動画を見ないで動いてみて、分からなくなったり、違和感が出てきたら動画を見て確認することを繰り返してみます。そして、最終的には動画はなしで動きます

体を動かしながら自分の癖や状態を知るのがヨーガ。自分だけに集中するのが大事です。見ながら、聞きながらアーサナを取るのは、結局は注意が外に向いている状態で完全な集中ではありません

〜基本のポイント〜
・いつも口は閉じて鼻呼吸

・ゆっくり動く

・動きに慣れてきたら、呼吸と動きを合わせて動きましょう。私のガイドの速さでなくて自分の呼吸の速さ

・力任せに行わない。特に顔、首肩、腰、脚の付け根、足首〜足先など無駄な力が入りやすいのでチェック

・ガイドの回数は目安なので、体調に合わせて無理なく行う

・生理前、生理中(痛みがない、終盤でも出血がある人もみんな)は子宮を圧迫して負荷をかけるのでお休みします

・がむしゃらにやらない

〜動画で触れていない動作のポイント〜
真似してと言ったけど、真似しないで欲しいポイントが2つ

動画では長さが限られていますので、細かいところを触れていませんが、私は足の甲に緊張が生じるのが癖でなかなか抜けていませんが皆さんはリラックスさせてください。動画では意識を向けて気にしてゆるめていますが、腰をひねるときにまた力みが生じるのが分かります

あと、片脚を伸ばしてひねる動作では、伸ばしている方の脚の膝から下が曲がりやすいのでまっすぐを意識します。(この動画では私の片脚は若干曲がっています。言い訳がましいですが…自主練習では微調整をして感覚の変化を見ています。微調整しながら曲がっている時と、まっすぐの時の体と心の感覚の違いを見てみるといいですよ)

腕を回す時に、胴体は床と垂直を保つようにする(体を開きながら腕を回しがち)。胴体を開かず固定しながら肩甲骨を動かします。肩甲骨から手先は一本の紐だと思って繋がりを意識しながら遠くを通るように動かす。肘は曲げない。伸びてくると首の皮膚や筋肉の伸びも感じられていきます