自給率を上げる

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:雑記

春の畑はぐんぐん作物も草も育ったり、虫もたくさん出てきて賑やかになっています。少しずつ畑仕事も忙しくなってきました。雑草と呼ばれる植物もカワイイ花を咲かせたり、とう立ちしてしまった野菜も菜の花がキレイで、特に仕事がなくてもいるだけで楽しいかも

今は旬なもの時期外れでも食べられるもの、発芽するか分からないものも含めてだと、レタス、そら豆、チンゲンサイ、三つ葉、人参、ごぼう、パクチー、あさつき、ネギ、ニラ、ナス、ピーマン、アスパラ、トマト、絹さや、じゃがいも、パセリ、きゃべつ、春菊を育てています

数えてなかったけど結構やってる!野草も大量に生えていて、ノビル、ハコベ、ヨモギも採取して食べたり飲んだりしています

よそで野菜を買うことがほぼなくなりましたので、食費も結構減りました(元々、ベジ家庭だから少ないけど)。種や苗の費用と時々道具の購入費用やメンテナンス代がかかるけど、野菜を買うより安い

少しでも食料を賄えるようになると、今回の感染症対策に限らず、景気、病気、家庭の事情、災害などの影響で、仕事の収入が減ったり、廃業に追い込まれたとしても、お金の心配をせずに「どうにかなる」という前向きさや余裕の方が断然大きい

そういうメリットもあるけど、私が畑をやっているのは食費を減らすことが目的というよりは、自分たちが必要な分だけ作り、自然農法や自然栽培ならば環境負荷も少なく済むし、自分の体を動かして自分が出来ることをお金に任せずに行うことに喜びがあるから

お金をたくさん持っている生き方よりも、お金から出来るだけ遠ざかることが出来る生き方の方が本当の意味で自由で幸せだ。

失敗もあるし、手間もかかるし疲れたりもするけど、それ以上に創意工夫し挑戦する楽しさや、学ぶ楽しさ、「今」を生きている実感がある。今は食に関してのスキルを習得中だけど、いずれは家を修繕したり小屋を立てたり、電気も自給出来るようになりたい!

畑に行って太陽の光を浴び、風に当たり、土いじりをすると自然のエネルギーが充電されるように元気になります

事務仕事でパソコンばかりやっている時に頭にエネルギーが上って、肩から上が重く詰まった感じがよく起こるのですが、そうなったら畑に行って作業すると体は心地よく疲れるけどスッキリします。人間は自然の一部なんだというのが分かります^^

今はコロナの影響で家から出ない人も多いけど、畑や庭に出たりプランターでも野菜やハーブを育てたら体だけでなく心も元気になると思う。花を植えてもいいと思う!美しいものを見るのも心に良いですしね