夜にヨーガの練習をする時の注意点

ヨーガや瞑想は本来は朝早く行う方が望ましいです。特に日の出前はエネルギーも澄んでいて、修行に適した時間帯だと言われています(ブラフマムフルタ)。確かに街もまだ静か、頭の中もまだ静かで取り組みやすいです

朝は体を目覚めさせたり、エネルギーを生み出すための体作りのために、運動量が多めや負荷が強めの動きや呼吸法を行う。一日の始めに行うと、肉体的にも精神的にも後の行動がしやすいです

朝は眠く起きられない、寒いから布団から出たくない動きたくない!というマインドを無視して何度かやってみて下さい。試す価値は十分にあります

しかし、それ以外の理由で朝がどうしても出来ない場合は、夜間に時間を作ることになると思います。夜は夜でその日生み出したカルマ、心身の疲れを取り除くのに良いです

夜間は頭の忙しなさを鎮めたり、血流を促し疲れを取るために(エネルギーの流れを促すために)、ゆっくりと伸ばす動き、胸を開く、ゆるやかな前屈、呼吸法を多めにするなどが良いと思います

また、夜間は瞑想の題材として一日の自分自身の行動を取り上げ、反省することも良いです。クラスでも時々行っています

夜に活発に動いたり、エネルギーをたくさん生み出すような性質を強く持つ呼吸法をすると、かえって気持ちが高ぶって眠れない、元気になって食べ過ぎる、何かしたくなるという人も中にはいるので注意

その人のその時々の体調や気質で、単純に朝は活動的に、夜はゆっくりとという内容が当てはまらないこともありますが(女性は生理もあるし)、練習内容をどうするか迷ったら大体そのように行ってみたり、このアーサナをすると体と心にこういう反応が起こると観察をしたり、とにかく繰り返していくこと。自分自身に必要な内容が分かってきます

自主練習をしていく時に内容が偏りやすいから注意。好きと必要は必ずしも一致しないから、苦手な動き、言い訳してやらない、気が向かないアーサナこそやった方が良いです

そもそも、何をしたら良いか思いつかないという人もいるけれど、クラスで集中して覚えて帰るところから始めましょう。クラスは受けっぱなしではなくて、持ち帰って復習し身につけていくことこそです

真摯にやればやるだけ恩恵が返ってくるのがYOGA!自分がやらないと変わりません。少しずつ習慣にしていきましょう