蜜蝋ラップの使い方、選び方

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:雑記

去年から蜜蝋ラップを使い始めました。蜜蝋ラップといいますが、布に蜜蝋と植物性油(ホホバオイルが多い印象)が塗ってあります。ビーワックスラップ、エコラップ、布ラップなどとも呼ばれています

ここ近年は通販や自然環境を配慮したりオーガニック製品を売っている実店舗や、手作りしたものを紹介したサイトなどでよく見かけますが

5年ほど前にビニールラップを止め、代わりに蜜蝋ラップの存在を知ったけど、その時は通販でもほとんど売っていなかった記憶がある

あることはあったけど、海外製だからか?試しに使うにはちょっとためらう値段…。当時もかわいい柄があったけど、今よりも選択肢は少なかったです

ということで、探せばレシピもあり作ってみたのだけれど、結局失敗して容器類は皿や鍋蓋で蓋をする、蓋付きの容器に移し替えて保存、もらった新聞紙で包むとか、いろいろやっていたのだけれど

去年、何かの拍子でそういえばと思い蜜蝋ラップを久しぶりに検索したら、種類もたくさんあって、しかも割と手が出しやすい価格で早速買ってみました。使ってみたら、これ使うべき!

実際の使い方は、ビニールラップと同じように使うだけ。形が自由自在なので、上の画像のように複雑な形でもピッタリフィットして気密性抜群

石鹸、洗剤は使えますが、蝋や油は熱に弱いのでお湯で洗ったり、レンジでも使えません。熱々のものも包むのも控えたほうがいいかも。温度によっては溶ける。ちなみにおにぎりを包んだら水分を弾くので蒸れてのりがべちょべちょになりました^^;

蜜蝋が取れてくるまで何度も何度も使えて、取れてきたらまた塗って使う人もいるようだし、最後は布ごと土に還すことも出来るそうです

形は正方形、長方形、円形など様々にあり、うちは四角、円形両方持っています

個人的には円形の容器の蓋として使う場合は円形のが使いやすく、野菜やパンや中身が入っている使いかけの箱など形を自在に変えて包む場合は四角のがいいなと思った

それと、大は小を兼ねるし!と、大きいサイズで小さいものを包んだり、蓋代わりに使おうとすると、布の折った分の厚みが出て水平に置きにくくなり不安定になったり(大きいサイズでマグカップに蓋をするとか)

かさばるので、何種類か大きさを揃えて、適したサイズを使った方がいいと思いました

S,M,Lとサイズの表記もあるけど、例えばSでもお店により、商品により、大きさが違うので、使う用途に合わせて欲しい大きさを確認して買ったほうがいいです

まだ家でしか使っていないけど、今年から外でパンを買うとかテイクアウトする時など手持ちの袋を断るだけでなく、商品自体も蜜蝋ラップで包んで持ち帰るとかしたい