元気になりたいなら

普段から体を動かさない人はもちろんのこと、普段考え過ぎる人、落ち込んでふさぎ込んでいる人、怠け癖がある人こそ、体を動かすことを習慣にすると良いです

体調が悪いとか、体質を改善したいから体を動かすだけでなく、心が弱っている、心の質を善きものにしたいという場合も体を動かすと良いです

ハタヨーガがおすすめ。ハタヨーガは比較したり競争するものではないし、周りのペースに合わせて無理をするものでもないし、体力(筋力、柔軟性)の程度や年齢の条件もなく始められます

ハタヨーガの体の使い方は考えながら動くのではなく、感じながら動くこと。考えることは疲れる。そこから離れますし、呼吸もたくさんしてエネルギーを生み出す動きなので、体を動かすけど消耗するような疲れはありません

きちんと習慣的にアーサナ(ハタヨーガのポーズ)やプラーナヤーマ(呼吸法)を取っていると、体も軽く調子が良いし、それに伴ってやる気、活力、元気、勇気も湧いてくる

私の場合は「やる気がみなぎるぞ!」という感じではないけど

確実に「あー面倒くさい、後でやればいいか…」などの惰性が段々なくなってくるし、正直面倒くさいと思うことも自ら進んでやるか、そこまででないにせよ嫌々やることがなくなる。「気になるけど…いつか機会が巡ったらでいいや」などと、過去の記憶と反応で失敗を恐れたり、自分には絶対に出来ないと思い込んでやらないなど、尻込みすることも減ってくる

体が調子が良いと、メンタルもそれに引っ張られて良い方向にいきます。ということは、体が調子が悪いとメンタルもそれに伴い下降していく

逆もそう。病は気からというようにメンタルの状態が体に影響するのはみんな一度は体験しているはず。体を良くしていくには体を動かすことだけど、心を良くしていきたい時も、体からの働きかけのほうがまずは取りかかりやすい。体が強くなると心も強くなる

しかし、一回〜数回アーサナを取っただけで、魔法のように一瞬で大変身!的なことはありません。体も心も本当に純化し強く質が変わるのには時間がかかります。劇的な変化がすぐに得られるのではと期待して、その期待が外れてやめてしまう人も正直多い

確かに一時的に心地良い、安心する、スッキリするなど好転するだろうけど、習慣化し定着しないとまた戻ります。だけど、1ヶ月、3ヶ月、半年、1年…何年と正しいやり方で続けていくほど、定着していきます

メンタルが弱っている人ほど、「何か体を動かそう」「ヨーガをやってみよう」など、その一歩が出にくいかもしれません

自分に出来るか不安でもやってみないと分からないし、もし過去にヨーガに挑戦してイマイチだったという経験があったとしても、たった数回で「ヨーガってこんなもの」と決めつけないで再挑戦する価値はあります

先生やクラス内容によっても違いはあるし、何度もしつこいけど続けないと大きな恩恵や良さがわからないのがヨーガだから。

ヨーガは続けるもの

頭で考えてばかりで何もしないでいるほうが、辛い。元気はもらうものではなく、生み出すもの。みんな元々持っていて、取り戻せます。ぜひ、興味のあるヨーガ教室に足を運んでみて下さい