シルディ・サイババ

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:雑記

先日の渡印では、シルディ・サイババという聖者が長年いらっしゃった聖地シルディにも行き、お祀りされている寺院に参拝しました。シルディは今回で2回目

寺院はカメラの持ち込みはだめで写真は撮れませんでした。敷地内は結構広くて御神体がある寺院だけでなく、シルディサイババのグッズを売っているお店、いくつか他の神様の寺院、トイレ、あとよく見なかったから不明だけどいくつか建物があって、人も大勢いました

敷地に入ったらここに来ることが出来た感謝の気持ちから、五感で感じるものを目に焼き付ける感じで過ごしていたかも

日頃の感謝を伝えたい、そして、あなたに全てお任せ出来ますように祈ったり、友人の代理参拝もあったので名前と祈祷内容を繰り返していました(普段もそれくらい熱心に祈ればいいのに、思考をそっちに使えない欲が大きい私_| ̄|○)

参拝はお金を払って優先列に並んだので、それなりに並んだものの何時間も待つことはなく楽でしたが、御神体がある部屋では人が溢れもみくちゃにされました

1時間くらいは並んだのに、警備員に立ち止まらないように促されサーッと通り過ぎる感じでした。それは皆同じで短時間でもみんな全力で熱心にお祈りしたり、自然とマントラをみんなで唱えていたり…そういうパワー?に満ちた空間にいることはすごく心地が良かったです

その時だけのお祈りじゃなくて、普段からババを想い慕い祈っている人達が集まるからこそ感じるのだと思う

冒頭の写真はシルディで泊まったホテルのロビーに飾ってあった絵ですが、ホテルの中もそうですが、街中もシルディやサイババの名前を使ったお店や、看板とかサイババづくしでした

シルディの町並み↓

地元のレストランでランチ。安いし美味しい!サンドイッチは120円くらい。水と生野菜フルーツに気をつければ平気!

ところで、日本でサイババと聞くとインドや精神世界に興味がない方も、下の写真のアフロの風貌で手から物質を出すお方なら知っていることが多いみたいですが、インドではシルディサイババの方が国内各地でポスターや像をみかけるので有名なのかも?

アフロのお方はサティヤサイババと呼ばれる聖者で、シルディサイババの生まれ変わりだと言われてます。シルディサイババご自身はある神様の化身です

(サティヤサイババの聖地のブッタパルティにも滞在しました)

シルディサイババは本名ではなく呼び名で「シルディという村の聖なる父」という意味だそうです。生涯家も家庭も財も持たず衣類は質素で托鉢をし、いつも神の名を唱え神を想い、ご自身の元に集まる迷い苦しむ信者達に真実の教えを説き救っていらっしゃいました

私は数年前に初めてシルディを訪れた時は存在自体知らず、ツアーに組み込まれているから訪れ寺院に参拝しただけですが

帰国後に伝記を読み、先に述べたような方で、ご自身は生きる上で必要なもの以外は所有しないが(←もちろん地位や名誉とか形がないものも持たない)、周りのものには惜しみなく与える姿、崇高なものへの想いで満たされていたことを知り

尊敬というか、理想的というか、もうあなたにお任せしたい!という気持ちとか、言葉で簡単に表せるわけじゃないけど、要するに奥底から素直に心を打たれたんですよね

私に委ねればお前の人生すべて面倒を見る!と、言い切っちゃうところもそうだけど、当時何も知らず聖地を訪れたけれど、確かにその時に感じた澄んだ空気感(場の良さ、寺院に集まる人達)に説得力があったから、尚更心を掴まれたのでした

それ以来、教室の祭壇で祈りを捧げたり、瞑想したり、日々なるべく思い出しています(←手では何かをしながらも心は常に神=ババにというのは、エゴが大きく忘れてしまいがちという意味)

初めて訪れた後に、あぁ、あの時に下調べをしたり伝記を読み知ってから参拝すれば良かった…と思っていたら、今回再び訪れる機会に恵まれて本当に嬉しかったです