インドの香り

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。インドより無事に帰国しました

とても貴重で幸運に恵まれた旅でしたが、ただ楽しむために行ったわけでもなく。インドにいたからこそ学べたこともありますが、旅をしていても意識は外側ばかりに向くわけでもなく、自分自身を内観することを通じて気づくことがたくさんありました

それに関しては、ぼちぼちクラスかブログかInstagramかでシェアしていきたいと思います。Instagramでは既に少しですがインドの旅のことを載せいています

今回のインドにて仕入れてきたものを教室で販売します。物欲をかき立ててしまうかしらと思う反面

ちょっとでもインドの文化に触れて、インドを知ってもらいたいと思い、ほんの少しですが買ってきました

日本人は(物によるけど)日本製のものが一番いいと思っている人もいますが、インド製(外国製)も質が優れている物、丈夫な物、使える物も意外とあります。環境や体にいいものもたくさんあります。しかも安い!

また、反対に日本だったらこんなの売れないよ!売ってないよ(笑)というインドっぽい面白いものもたくさんあります

物によりますが大体の日本製品はとても緻密で繊細で丈夫ですよね。それが当たり前に身の回りに溢れています。海外製であっても日本人が使うから質良く作られていることが多い

インドに行くと、その素晴らしさって当たり前でなく感謝すべきなのだと気づかされます(もちろん、丈夫で緻密で正確で質の良い製品もあります)

でも、ここインドに行くほど強く感じるのは、良い意味で「繊細さや緻密さ正確さが美しく価値がある、それが良い」という日本人らしい?価値観を覆されることが心地良く思う

心地良いという表現はピッタリではないけれど、なんていうか日本人的なキッチリしていないといけない

みたいな時には過剰だったり妙な緊張感がなく、これでも生きていけるじゃん、事足りるじゃん!というゆるい感じがいいというのかしら

ご興味のある方はお手にとってみてください