満月と新月のヨーガ

今日は眠いわけではないのに、なんだかぼんやりするなと思ったら満月でした

私達も自然の一部なので、少なからず月の満ち欠けに肉体や精神の状態が影響を受けています

女性は生理や出産の時期が重なるなどよく聞きますし、実際にヨーガを続けると生理が新月や満月またはその近い時期にリズムが合ってくる

満月は体内のエネルギーや水分が満ちて、気持ちが高揚する、眠い(または気分が高揚するがゆえ眠れなくなる)、食欲が増加する傾向があります

新月はエネルギーや水分が引いていき、関節の乾燥、情緒不安定になる、だるい、眠いなどの傾向があります

ハタヨーガ(ここでは本来の意味で、体をコントールするヨーガ全般のこと)は、これらの日はお休みにする教室も多いです。インドでは休みにするそうです

満月では気が大きくなり過度に動けちゃう、新月は緩慢になりやすく、どちらも怪我をしやすい

教室は休みにする時もありますが、その月に休みが多くなってしまいクラス数が減ってしまう場合は、開催することもあります

その時は生徒さんの状態にもよりますが、傾向として比較的易しめのアーサナや、基礎的な呼吸法を多めにしたり、チャンティング(マントラの詠唱)を取り入れることもあります

そういうことも考慮に入れ、心身の状態を見ながらプラクティスしていくことは大事ですが

個人的により大事だと思うは、「影響を受けやすい私/こんな体調になる私」「知識ではそう言うけど、影響を受けている実感がない私」などに過度に反応すること、気にすること

「月のパワーが○○」「霊的に△△」など、スピリチュアルなことにこだわりすぎないこと。エゴを強めます