絶好の機会

この身体は寺院だ。あなたの中には神が座っている。だがあなたは彼に会いに行こうとしない。なぜなら、いつも外側の物事に目を奪われているからだ。

内なる神に気づかれないまま、他者や外側の物事を追いかけまわすばかりだ。人間としての身体、あなたに与えられたこの寺院は、実に稀有な誕生だ。この機会を逃せば途方もない損失となるだろう。

次にいつこの機会が訪れるかわかりはしない。誰が知ろう?解脱への欲望がふたたび起こるかどうかは誰にもわからないのだ。

(さらに…)

続きを読む 絶好の機会