ハタヨーガのルール

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:ヨーガ

自主練習でも参考にしてください

◎空腹で行うこと◎

腹に物が入っていると、身体のコントロールがしにくくなります。苦しい、眠くなるなどで観察も疎かになります

なにより、ポーズや呼吸法はエネルギー、体液、血液を循環させます。ポーズや呼吸法をすることにより、食べたものを消化するために集まった血液やエネルギーが分散し未消化な状態になります

未消化の食べ物は毒素となり、肉体や精神の不調を引き起こします

どうしても具合が悪くなるようなら、フルーツ少しなどお腹にたまらないようにしてください

◎クラス中は水は飲まない◎

集中が途切れやすくなるのと、水分でも腹に入ると繊細に身体を動かしにくくなるのでクラス中は飲みません

平塚の前に行っていた教室では、エアコンがなく西日が差す部屋で、夏はかなり暑かったので熱中症対策で飲んでいました。その頃の生徒さんも何人かいらっしゃったり、名残で最初はそのままにしていましたが、気になっていたので思い切ってやめました

クラスの前後にもしも必要で飲むならお茶ではなくて水がいいです

◎ゆっくりと鼻呼吸◎

特定の行法で口で呼吸をするものもありますが、基本は鼻呼吸です

鼻はゆっくりとした長い呼吸、口は速い短い呼吸に適しています。ハタヨーガはゆっくりと動くことが大事です。ゆっくりとした動きにはゆっくりとした呼吸が自然です

ゆっくりとした呼吸は心を鎮めます。落ち着いて身体を感じ、動かすことが出来ると怪我をしにくくなったり(怪我は集中を欠いたり、慌てて素早く動いた時に起こりやすい)、シンプルなポーズでも身体の機能を高めていくことが無理なく出来ます

更に、緊張をゆるめることを促しますし、頭も明晰になる、疲れにくくなるなど、多くの恩恵があります

口呼吸が当たり前になっている場合、鼻が詰まりやすい体調の場合、最初は鼻呼吸がとてもキツイですが、何度も鼻で呼吸するように意識していくと少しずつ出来るようになってきます