呼吸の質を高める

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:ヨーガ

ハタヨガクラスでは呼吸の質を向上させることも大事にしています。どんな風に呼吸をしたら良いのか?というガイドを元に、練習しています

息の仕方で、体、心、積み重ねていくと大げさではなく人生も変わります

普段、肩こり、頭痛、姿勢が悪い、疲れやすい、風邪を引きやすい、下痢や便秘、人の話を聞いていない(大体、ご本人は気づいていないことが多い)、せっかち、落ち着きがない、考え事が多い、心配性、怒りっぽいという人は、呼吸が浅い。不自然に止めていることもあります

呼吸は体と心の働きと密接に関わりがあります

体をきちんと使えるようになりたい、体力(柔軟性、持久力も含む)をつけたいとポーズを練習しても、呼吸を疎かにしていてはなかなか変わりません

心もそうです。呼吸が落ち着いて出来ないと、自分自身を忍耐強く客観的に観て向上させていくことも困難です

アクロバティックなポーズや高度な呼吸法が出来ないと、心身が変わらないわけではなく、『呼吸』というシンプルでいつも側にあるものを知り、質を磨いていくことが自分自身を変えていく土台を築く手助けになります

生徒さんの呼吸の仕方を見ていますが、クラスに通い始めると呼吸の仕方が変わり、最初に来ていた頃と人が変わったようになります。ご本人も体調が安定したり、気が長くなったり変化を感じています

特に自主練習をきちんとしている人は変化が早く、定着しやすいです

細かい点はクラスで説明していますが、日常で「口を閉じて鼻で呼吸する」「音を立てずに静かに呼吸をする」これを練習してみてください

寝ている時は意識しにくいですが、いつでも出来ます

2件のコメントがあります

コメントは受け付けていません。