ヨーガの目的

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:ヨーガ

日本の一般的なヨーガのイメージは「ポーズを取ること」「運動」ですが、本来のヨーガは幸せに生きるための方法です

幸せとは何でどこにあるのか?ヨーガでどう幸せになるのでしょうか?

答えは自分自身を知り尽くすこと。何かを手に入れたり、身につけたり、どこかへ行かないとなれないものではありません

なぜなら、私自身が幸せそのものであるから。ずっと探していた幸せは今ここにすでにあるのです

だけど、実感もなく信じられないかもしれない。実際に自分はまだ不十分だ、まだ幸せではない、まだ足りない、安心できない、信じられない…不安、不満、怒り、嫉妬、恐怖、悲しみなどによって心が揺れ悩み苦しんでいる。奥底から満足や自由を感じられません

一時的に落ち着き、安らぎ、満足することもあるけど、また戻ってしまう

それは自分自身をまだまだよく知らないから。まだ自分自身は幸せではなく、それは外にあり得ることでなされるとごく自然に思い込んでいるからです

その思い込みを取り払うのがヨーガです

でも、自分自身は自分が思っている以上に愛すべき存在です。すっかり忘れて誤認しているだけで、本来の姿は純粋です

噛み砕き言い換えれば、疑いも嘘も偽りもなく心を開いていて、偏見や区別なく全てに優しく、あってもなくても囚われず、金銭、関係性、地位や評価、物など何かに依存せず悩みもない。過去でもなく未来でもなく今を生きている状態

とてもシンプルで身軽で理想的な生き方ですが、選ばれた人がそうなったり特別な状態ではなく

今からヨーガを実践していけば少しずつこの状態に還る事が出来ます。情熱があれば!

ヨーガ(体を動かすことだけでなく、瞑想、祈り、ヨーガの教えに沿い行動を気をつけることもヨーガをすることです)を行い

体や心やエネルギーを観察し、自分自身をよく知っていく過程で、体が良き方向に変わっていくのは一番感じやすいですが

これまで当たり前に必要だと思い所有しているもの(物に限らず、思い、感情、価値観など内的なことも含む)、習慣化していたことなどが

実は幸せを妨げ、不安や不満や問題を作り出しているのだとも気づきはじめるでしょう

それを改めようとするにつれて、体だけでなく心も軽くなり生きやすくなります

自分が自分を受け入れられるようになり、この人生に責任を持って、生きる事を真剣に有意義になっていきます

私自身がヨーガをする目的や、この教室のクラスは全てこれらを目指して行われています